アレルギーの人でも住める

天然の巣材を使う

おもちゃの家

自然素材の家はアレルギーの人でも、安心して住めるという特長があります。普通の家だったら、家を作るときにアレルギーを起こす恐れのある物質が、使われることがあります。例えば、接着剤や塗料にアレルギーを起こすものがあり、シックハウス症候群の原因になります。自然素材の家だったら、そのような物質はまったく使われないか、ごくわずかしか使われないので安心して生活できます。自然素材の家では漆喰などが使われており、そこに住む人がアレルギーを起こしにくくなっています。漆喰は壁材として使われ、有害な化学物質が含まれていないので、小さなお子様でも安心して生活できます。自然素材の家の床などによく使われるのは、無垢材です。名前の通りに化学物質を含んでいない素材で、住む人に安心感を与えます。人工的な感じがないので、見栄えもよい家の素材になります。自然素材の家を作るときは、業者の選定に注意する必要があります。普通の住宅メーカーの場合は、自然素材の家を建てた実績がないところもあるので、工務店を選んだ方が良いでしょう。工務店の中には、自然素材の家を建てることを専門にしているところがあります。このタイプの家を建てるときは、資材を集める段階から注意する必要があります。資材の仕入れを他の業者に任せているところではなく、自分たちで行っているところを選ぶようにしましょう。自社で行っているところだったら、仕入れの費用が安くなるメリットもあります。

自然素材の持つメリット

インテリア

自然素材の家は、有害物質を発生しない体に優しい住居として注目を集めています。自然素材の家は無垢材が建材に用いられ、集成材や合板板は使用されていません。集成材は細かい木を接着剤で貼り合わせて作られた人工的な木材です。この接着剤ホルムアルデヒドがシックハウス症候群の原因となります。ですが、無垢材は一枚板や一本の木材が使われるので、ホルムアルデヒドを室内に撒き散らすことはありません。それだけではなく、無垢材は調湿性や断熱性にも優れています。無垢材は室内の湿度が高くなると湿気を内部に取り込み、逆に湿度が低くなると外部へと水分を外へと放出します。このため結露を起こしにくい住宅の建設が可能です。このことは、カビやダニ、細菌の発生をおさえることにもつながります。くわえて、木はコンクリートの2倍ほどの断熱性があるとされています。さらに、自然素材の家では漆喰や珪藻土が壁に用いられています。無垢材と同じく結露を防いでくれる調湿性の高い素材です。この他にも消臭作用があり、タバコやペットの匂いなどを消臭してくれます。また、漆喰は保温性と保冷性の機能を持ち、夏は涼しく冬は暖かい快適な空間を作り出してくれます。これは、漆喰の壁に反射し室内の温度は外部へと逃げないためです。これ以外にも自然素材の家には、ニカワが接着剤として使われているので有害物質の心配はありません。ニカワは膠、木酢液、渋柿液、ヒバ水、ヒバ油、菜種油、水を原料としています。塗料や防腐剤にも、自然由来で害のない原料が使われるなど人の健康に配慮されています。

家族の健康を守る家

おもちゃの家

自然素材の家とは、化学物質を含まない素材で建てられた家のことです。高気密・高断熱の現代住宅はメリットがある反面、ビニールクロスや合板フローリングなどの建材からの有害物質の影響で、シックハウス症候群やアトピーに悩まされる方が増えています。自然素材の家ではビニールクロスの代わりに漆喰や珪藻土などの塗り壁が使用されます。調湿効果があり、室内の湿気を吸収するので結露防止のメリットがあります。また、塗り壁は消臭効果にも優れており、いやなニオイを吸収してくれる性質があります。壁の素材は他に日本の和紙を使用したクロスや紙と木材で作られたウッドチップなどが使われています。合板フローリングの代わりにはスギやヒノキなどの無垢材が使われており、天然の木材には調湿効果、防ダニ効果、断熱効果などがあり、高温多湿の日本でも快適に過ごすことができます。木の香りにはリラックス効果があるので、森林浴と同じような癒し効果も得られるのも魅力です。また、自然素材の家では断熱材に新聞紙をリサイクルして作られたセルロースファイバーが使われます。調湿効果や防音、防虫効果などの優れた効果があり、廃棄するときも土に還り、有害物質も発生しないので、地球にもやさしい断熱材です。自然素材の家で使用される素材は、普通の住宅で使用される工業製品と比べると価格は高めです。自然素材にこだわればこだわるほど費用はかかりますが、自然素材にもさまざまな種類があるので予算に合わせて選ぶことも可能です。