知っておくべき情報とは

依頼に必要な知識

間取り

皆さんは自然素材の家についてご存知でしょうか。
自然素材の家とはシックハウスの原因となる有害物質を予防し、健康的に暮らすことを目的とした家造りに対する考え方です。
理想とする自然素材の家を建てるために必要な知識について知っておきましょう。
まず、自然素材の家の特徴は有害物質を含む建材を使っていないことです。
通常の家であれば合板や集成材に使われる接着剤に有害物質が含まれています。
そして、この有害物質がシックハウスの原因となってしまうのですが、自然素材の家には無垢材が使用されているため有害物質の影響を抑えることができます。
また、天然素材による塗り壁、樫の樹皮から作られるコルクタイル等自然素材には様々なものがあり、室内の温度・湿度を快適に保つ働きを持っています。
次に相場・費用については一般住宅の坪単価が約50万とすると、自然素材の家は約55〜65万程です。
基本的には通常の坪単価よりやや高くなる傾向があるようです。
また、金額についてはどれくらい自然素材を使用するかによっても変動します。
そして、依頼する前にまず準備しておくことは業者選びになります。
自然素材の家造りは経験がものをいうので、得意とする業者かしっかりと見た上で依頼しましょう。
また、依頼する業者がハウスメーカーや工務店の場合、住宅ローンに配慮した仕組みを備えていることが多いですが、設計事務所の場合は融資を行うタイミングについて金融機関に説明する必要がでてきます。
ですのでローンについても予め確認しておきましょう。

素材の特性を理解しよう

おもちゃの家

自然素材の家の特徴は、無垢材や漆喰、珪藻土などの自然素材を用いていることです。
断熱材や接着剤、ワックスにも自然素材のものが使用されており、ホルムアルデヒドなどの有害物質を含まないので、シックハウス症候群やアレルギーの心配がないのです。
健康を害することがないので、赤ちゃんから高齢者まで安心して暮らすことができます。
自然素材の家で使用される天然の木材や壁材は、調湿効果や脱臭効果、断熱効果が高いのが特徴です。
湿気がこもりにくいので、結露によるカビやダニの発生を抑えることができます。
自然素材の家で用いられる自然素材は、一般住宅で使用される新建材に比べると価格は高めです。
ただ、無垢材にはさまざまな種類があり、スギやヒノキ、ケヤキやウォールナットなど、素材によって特徴や価格が変わります。
例えば、肌触りがやわらかいスギはフローリング材に向いており、価格も手頃ですが、ヒノキは高級素材ですので価格は高めになっています。
珪藻土や漆喰はビニールクロスの3〜4倍ほどの費用がかかります。
素材の選び方によって、費用に幅が出ますが、自然素材の家の建築費用は2000万〜4000万が相場になっています。
自然素材の家を建てる場合は事前の準備として、家づくりに関する情報を収集しておく必要があります。
まず、自然素材の特性やメリット、デメリットを理解しておきましょう。
そのうえで自分の希望や予算に合う工務店を探していきます。
自然素材の扱いには経験やコツが必要なので、扱いに慣れた工務店を探すようにしましょう。

呼吸する天然素材

設計図

家族が健康に気持ちよく暮らせる自然素材の家を造るには内装材や塗料選びはとても大切です。
昔ながらの独特の優しい風合いがあり、シックハウスの心配もなく調湿性など室内を快適に保つ機能があるものを選んでください。
自然素材の家にこだわりを持つ人に、人気が高いのが珪藻土です。
珪藻土とは植物性プランクトンの死骸が海や湖の改定に体積してできた化石土です。
この原土は普通の石より軽く軟らかな固まりで、これを粉砕して乾燥させた粉に凝固剤やつなぎ材、顔料等を混ぜ合わせ、主に壁用の内装材として使います。
粒子表面の無数の孔によって優れた断熱性や吸放湿性、吸遮音性、脱臭を発揮します。
まさに自然界がもたらした呼吸する天然素材といえます。
カビやダニの発生を抑えることができるので、喘息やアトピーの症状などにも効果的です。
漆喰や土壁と比べると価格的には高くなりますが、健康面での安全性と温かみのある質感が好まれ、自然素材の家づくりに使用する人が増えています。
また、伝統的な塗り壁として昔から土蔵や城に用いられてきた漆喰は、現在も木造建築の壁の仕上げ材として使われています。
主原料は石灰質で海草のり、麻の繊維、細かく切った紙を混ぜ合わせてペースト状にして作られます。
漆喰の中に含まれる消石灰は塗装後に二酸化炭素を吸収し、再び固まろうとする性質があり、この際、空気を浄化する効果を発揮します。
他にも吸放湿性や耐火性、耐久性にも優れていて夏は涼しく、冬暖かい自然素材の家が実現できます。
施工時は黄色ですが時間が経つにつれて漆喰特有の優しい白に変わるのが特徴です。