病気を予防する家とは

昔ながらの家づくり

室内

以前は新築住宅で起きるシックハウス症候群や化学物質過敏症などが問題になったものでした。これらは建材に含まれる化学物質が原因で発症する病気です。今では建築基準が厳しくなり、化学物質の使用も制限され発症例も少なくなってきています。しかし体質によっては微量の化学物質で発症することもあるのです。そんな中見直されてきたのが自然素材の家です。自然素材の家とは昔ながらの工法や建材でつくる体に優しい住宅です。建材も合板などではなく天然の無垢材を使用しています。また壁には漆喰や珪藻土などが使われています。漆喰は消石灰、珪藻土はプランクトンが化石となったものが原料となっています。どちらも昔の家屋によく使われていた壁材で耐湿性、耐火性、消臭性に優れているのが特徴です。自然素材の家には断熱材に古新聞からつくられたセルロースファイバーが使用されることもあります。これは防音性、気密性、保温性などに優れており湿気にも強い素材です。また釘を使わない木組みという日本古来の工法で建てられることもあります。木組み工法は釘の腐食によるサビの心配がありません。そのため建材の接合部の緩みや歪みなどを防ぐことができます。そのため耐久性が高く地震などにも強い家となります。自然素材の家は使用する建材や工法などを施工業者と相談してつくっていくこだわりの注文住宅です。工務店などでは自然素材の家を専門にしているところもあります。健康に良い家づくりをしたいのなら自然素材の家を考えてみてはいかがでしょうか。

長い目でみればローコスト

間取り

自然素材の家を建てる人が増えていますが、最も大きな理由は健康的だからです。従来の家造りではシックハウス症候群が問題になりましたが、自然素材の家では赤ちゃんやお年寄りでも安心して暮らせるというメリットがあります。自然素材の家では化学物質の含まれている建材や塗料などを使わない家造りをするからです。従来の家造りでは有害物質が含まれた建材や塗料を使っているため、入居してからアレルギーやアトピーを発症することがあったのです。建材などは海外から安く輸入することが多かったからです。その点、自然素材の家では国産の建材を使うため、安心して暮らすことができます。日本は地震国なので家造りでは耐震性能がとても重要です。自然素材の家では国産の無垢材を使用するため、鉄やコンクリートにはない強度があります。年月を経ると鉄やコンクリートは劣化しますが、無垢材は年月がたてばたつほど強度を増すという特性があるのです。輸入材ではなく国産材を使うので自然素材の家はコストが高いと言われますが、一般の住宅よりも耐久性が良いので長く暮らすことができます。長い目で見れば自然素材の家の方がローコストなのです。健康住宅なので病気になりませんし、無駄な医療費がかからないのです。また太陽光エネルギーを上手に取り入れた住宅を建てれば光熱費を抑えた省エネ住宅にすることができます。トータル的に考えた場合、自然素材の家の方が経済的な家造りができるわけです。

人にも環境にも優しい家

一軒家

最近のエコや健康ブームにより、自然素材の家に注目する人が増えてきました。自然素材の家とは、スギやヒノキなどの無垢材のフローリングや漆喰、珪藻土の塗り壁などの自然素材で作られた家のことです。近年、シックハウス症候群や化学物質過敏症などの化学物質による健康被害が問題になっています。普通の住宅に使用される建材には化学物質が含まれており、頭痛やめまいなどの症状に悩まされる人が増えているのです。これらの理由から、小さなお子さんのいる子育て世代を中心に自然素材の家への関心が高まっています。自然素材の家で使用される天然の素材には、調湿効果や防ダニ、防カビ効果などがあります。空気中の余分な水分を吸収し、乾燥しているときは水分を放出してくれるので、一年中快適に過ごすことができます。結露を予防する効果があるので、カビが発生しにくく、ハウスダストによる喘息やアトピーの症状を軽減することもできます。無垢材のフローリングは肌触りが良く、経年変化による風合いを楽しめるのが特長です。また、熱伝導率が低いので、合板フローリングによくある歩いたときのヒヤッとした感じがないのも魅力です。天然木独特の木の香りに含まれる成分は、人をリラックスさせる効果があるので、ストレスを抱えやすい現代人にはぴったりの素材だと言えます。また、自然素材は使用後に廃棄する場合でも有害物質を排出しないので、環境にやさしいエコな素材だとも言えるでしょう。